バルセロナ旅行記🇪🇸〜カテドラル編〜

Spain🇪🇸
スポンサーリンク

まだまだ徒歩で

グエル邸を堪能し、次なる目的地を目指します。
このランブラス通り付近は歴史的な建物が多く、
歩いて回れる距離となっておりますので、徒歩おすすめ!
ガイドブックによるとスリ・置き引きが出るらしい。

カテドラル到着

路地を抜けるとこの立派な建物が現れます!
これがカテドラル。大聖堂ですね。

この周囲にはサン・ジャウマ広場や王の広場などがあります(写真がないw)
広場なので、何があるってわけではないですが歴史的なエリアです。

カテドラル潜入

早速、潜入開始です(なんと入場無料!!)

kaco
kaco

まあ、サグラダファミリアも行ったし、他の教会はおまけかな

なんて思ってしまってごめんなさい!!
正式名称を「サンタエウラリア大聖堂」というこのカテドラル。
歴史や格式などからもスペイン人にとって教会といえばサグラダファミリアではなくこのカテドラルなんだとか。
サンタ・エウラリアというのはバルセロナの守護聖人。
キリスト教への強い信仰心故に13歳で拷問を受け殉教。成人となったそうです。

この厳粛で硬派な内部よ!

この下の部分がサンタ・エウラリアの墓です。
遺骸が収められています。

サグラダファミリアとは違った感動があります。

黒いマリア像

このカテドラル、見所がもう一つ!(いや、他にもたくさんあると思いますけどね)
それが「黒いマリア像」です。
バルセロナから車で1時間ほどの場所・モンセラット修道院に祀られている「黒いマリア像」がこちらにも祀られています。
カタルーニャの守護聖母ということだそうです。
しかも「願いが叶う」と!(モンセラット限定かもしれませんが)
そらもう、蝋燭買いましたよ!!
多くの人が祈っておりました。

帰り道

という感じで、教会を後にして駅まで散歩して帰りましたとさ。
帰りにカタルーニャ音楽堂も見にいきましたが
何やらタイミングが悪く内覧はできませんでした。
う〜残念!!

カタルーニャ音楽堂 |世界遺産オンラインガイド
カタルーニャ音楽堂は1905年~1908年にモデルニスモを代表する建築家の一人、リュイス・ドメネク・イ・モンタネールによって建設されたムデルニズマ様式(アール・ヌーヴォー)のコンサートホール。 地元の有名合唱団オルフェオ・カタラの本拠地として建てられた、彼の最高傑作と呼ばれるモデルニスモ建築物です。 カタルーニャ音楽堂...

そんな感じで、宿に帰ります。

次回はおまけ話。

タイトルとURLをコピーしました