ジョージア🇬🇪旅行記①〜到着編〜

Georgia🇬🇪
スポンサーリンク

ジョージア行ってきたよ

ジョージアって知ってますか?
缶コーヒーじゃなくて、アメリカのジョージア州でもないんです。
ジョージアと言う国があります。
黒海に面した、コーカサスの国です。
留学時代の仲間で世界一周した人たちが口々に
「ジョージアめちゃいいよ!!旅人は行くべき!!」と言っていたんです。

ワインの故郷

そして、2018年にワインエキスパートなる資格を取得したのですが
なんと「ワイン発祥の地」がジョージアだと言うではないですか!
これも何かの縁ではないかと勝手に思い旅程を立てました。

空路でジョージアへ

日本からの直行便はなく、中東での乗り継ぎが主とのこと。
羽田からカタールのハマド国際空港経由でジョージアのトビリシ国際空港へ
(写真はハマド国際空港)

ジョージア入国

「ジョージアは入国時にワイン(ハーフボトル)がもらえる!」
と聞いていたので、ウキウキで入国ゲートへ!
「イエス!プレジャー!4デイズ!イエスイエス!!」
『オーケー(ハンコ)ドンッ!』
はい、何ももらえませんでした!!欲をかいてはいけない(笑)
とりあえず両替をしてからSIMを購入。
やっぱりSIMは事前に買っておくのがいいですね。
ちなみに両替は日本で「日本円→ユーロ」にしてジョージアで「ユーロ→ジョージアラリ」へ

空港からホテルまで

空港からホテル(と言っても個人経営のアットホームなところ)まではバスで移動。
いや、タクシー使えよと思いますが、せっかくなのでバス乗ってみたかった。
バス代はお釣りが出ないシステム。
はい、ピッタリないですね。
乗務員らしき方に伝えると乗客に声をかけて両替してくれました。
ありがてぇ(←だからタクシー乗れと!!)
車内には次のバス停などの表示はなく、Googleマップ見ながら下車するバス停を見定める始末。(←だからタクシー…)

Googleマップは神でした。
宿泊先に無事到着し、荷物を置いていざ散策へ繰り出す!

次回、トビリシ散策編

(おまけ)
猫様は世界中どこでも美しいお姿でございます。

サペラヴィT / かこわいん ( kacopastorius )のTシャツ通販 ∞ SUZURI(スズリ)
かこわいん ( kacopastorius )がつくったサペラヴィTのTシャツが購入できるアイテムページ。色やサイズも選択可能。オリジナルアイテムを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。
タイトルとURLをコピーしました